ZEH 目標公表資料

ZEH事業計画書

㈲三和建設ではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に積極的に取り組み
受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEH含む)が占める割合を平成32年度までに50%以上とすることを事業目標とします。

ZEH住宅の今後の普及率目標

注文・・・新築注文住宅  建売・・・新築建売住宅  既築・・・既築改修

2019年 (令和元年) 実績2020年 (令和2年) 実績2025年 (令和7年) 目標
ZEHシリーズ受託率の合計0%0%50%
(ZEH受託率+Nearly ZEH受託率)

← 左右にスクロールしてご覧ください →

ZEHの周知・普及に向けた具体策

自社ホームページへの提示、完成見学会の告知など幅広いお客様へのZEH基準の家造りを知っていただけるよう周知、普及を図り、一般住宅との違いやメリットをアピールすることに努める。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

協力会社にZEHへの取り組みを理解してもらい使用建材の見直しを行い、費用対効果を踏まえた最良方法を模索する。
また、ZEH仕様を標準化する事で材料の無駄をなくし年間の採用数料を増やしメーカーへのコストダウンに努める。

その他の取り組みなど

創エネや再生エネルギー活用の採用も視野にいれ、創エネにおいては太陽光の発電効率がよく設置工事が難易にならないよう屋根形状、配置計画に努める。
ZEH基準の高性能な住まいを得ることで長く健康に安心して住める家を提供する。